【商品撮影OK】ビジネスパーソンなら是非見習いたい!100均「ダイソー」は店内商品撮影が許可されていた

100均ダイソーは店内商品撮影OK&SNS投稿もOK!

ド○キホーテ、ヴィ○ッジヴァンガードのように撮影禁止店舗も多い中、100円均一のダイソーは会社を上げて「店内撮影OK」に踏み切りました。これはビジネスをする上で非常に賢い判断だったと思います。

撮影してもらってSNS上でその商品を知ってもらうことが、ダイソーの商品の認知度を上げ「買いたい」と思ってくれる人も増える。この好循環に気付き、積極的に撮影OKに転換したダイソーは流石ですね。

予算を削って宣伝広告を出すよりも、お客さんが写真を投稿してくれる方がよりリアリティがあって宣伝効果も高いです。

また、店内撮影OKと共にTwitterやインスタグラム、ブログなどSNSへの投稿も許可されている。

撮影OKになったのは2017年の末頃から

撮影OKをオープンにしたのは結構最近のことのようです。

Twitterでお客さんが投稿した商品画像の例

入荷商品の情報もお客さんが拡散してくれる。



『某アイドルと似ている~!』と話題になりそうなツイート。こういった”ファンならではの反応”は、企業側では出来ない集客集めに繋がる。

いかがでしたでしょうか。あらゆる業態のお店が撮影OKになればそれぞれのお店に利益がもたらされるかと言ったら、一概には言い切れません。ダイソーに関していえば、実際にSNSで拡散してくれた人が居ることで売上アップに繋がっているという”実情”を真摯に受け止めたのでしょう。

私の私見ですが、リーズナブルな雑貨屋さんなどは真剣に「撮影OK」に向けた動きを考えた方がいいと思います。許可するかしないか、経営上大きな分かれ目となるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP