【窓の騒音対策続編!】1000円以下の断熱シートで窓の防音・遮音をしてみた【ニトムズ】

ニトムズの断熱シートで窓の騒音対策

先日公開した記事【100均ダイソー】すきまテープ。208円で窓の騒音対策(防音・遮音)をしてみた【写真あり!】では窓の隙間から入ってくる騒音対策をしましたが、今回は「窓の表面」からの騒音対策にチャレンジしようと思います。

もちろん今回も極力お金をかけずに、プチプラで行きます。

ニトムズ 窓ガラス断熱シート(フォーム)

はじめダイソーで断熱シートを買おうと考えていたのですが、時期が初夏(5月下旬)だったので店頭では販売されていませんでした。そこでAmazonで調べたところ、「ニトムズ」の断熱シートが比較的安価だったのでこれを有力候補に。

フォームタイプとそうでないものがあったのですが、フォームは厚さ4ミリで、通常のものは厚さ2ミリだったので、厚みがある方が防音・遮音効果も高いのではと思いフォームを購入!

送料無料で813円でした。

Amazonの長細い四角の箱

Amazonの長細い四角の箱で届きました。

Amazonの箱と断熱シートのパッケージ

中には筒状に丸められた断熱シートが。

断熱シートのパッケージ

断熱シートのパッケージ

窓のサイズ縦125.5センチ×横77.5センチ

ニトムズの断熱シートは90×180センチなので、切り取って1枚の窓に貼れるサイズです。フォームタイプは1枚入りですが、今回はひとまずお試しということで1枚で問題ないです。



断熱シートを貼る前に、窓に合わせてみる。

断熱シートを貼る前に窓に合わせてみているところ

角はこんな感じ。

断熱シートを貼る前に窓に合わせてみているところ

左右・上下約1センチ広めに切ると上手に貼れる

横のラインは下の写真のようにプチプチの丸に沿って切り取ると上手に切れます。縦のラインは丸が真っすぐに並んでいないので、油性ペンなどであらかじめカットラインを書いてから切ることをお勧めします。

プチプチの丸に沿って切り取る

水貼りタイプなので、まず窓の表面に霧吹きで水が滴るくらいに水を付けます。

断熱シートを窓に貼った後

貼れた。大きめに切り取ってちょうどいい感じ!念のために四隅に両面テープを貼って剥がれにくくしました。

クレセント部分にもしっかり入り込んで貼れた

クレセントの裏の部分にもシートがしっかり入り込んでくれて綺麗に貼れました。

見た目を気にしない人は梱包用のテープで補強するとGOOD

梱包用テープで補強

今回はあくまで防音・遮音目的で、見た目もほとんど気にしない状況だったので、仕上げに梱包用の透明のテープで補強しました。

気になる防音・遮音効果は

外から入ってくる騒音のレベルが0.5段階くらい落ち着いた感じがします。部屋の密閉度が増した感じもしました。やらないよりはやった方がいいでしょう。いずれ、片方の面にもシートを貼ってみたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP