Amazonで意図せず「Amazonプライム会員」になってしまった私が「全額返金」してもらうまでの流れを公開

イオンカードWEB明細-Amazonプライム会費の請求が来ていることが分かる画面

Amazonプライムから4900円の請求が来ている…?!

「勝手にAmazonプライム会員になっていた」という声を頻繁に聞く今日この頃。私の仕事関係の知り合いだけでも6人、意図せずにAmazonプライムになってしまいAmazonから請求が来ている人が居ました。

罠はAmazonプライムの30日間の無料体験

何故意図せずにAmazonプライム会員になってしまう人が続出しているのでしょうか。原因はズバリAmazonの配送オプション選択画面のこれです。

Amazonの配送オプション選択画面

この画面は注文確定の直前画面なのですが、ここにはプライム会員の説明は何一つ書かれていないのです。

へ~!無料で「お急ぎ便」をお試しできるんだポチ。はい、これでAmazon側の罠にはまってしまいました。お試し体験してからこのまま30日が経過すると、“めでたく”Amazonプライム会員になってしまいAmazonから会費の請求があるのです。

無料体験をするうえで注意しなければならないのは、初期設定のままだと、無料期間の終了後に自動的に本登録されるようになっているという点です。この仕組みについては、amazonプライム無料体験の説明にもきちんと記載されています。
出典 : Amazon | コンクールF | ウエルテック | マウスウォッシュ 通販

「自動的に本登録になると説明が書いてますよ?」と後からAmazon側は言ってくるのでしょうが、説明が見落としやすいという意味で非常に分かり辛いですし、本来は本登録になる意思確認ぐらいはメールで送るべきではないのでしょうか。そういった配慮を一切していない時点でAmazon側は確信犯と言わざるを得ないです。

上記した通り、配送オプションを選ぶ注文確定の直前の画面では「無料期間の終了後に自動的に本登録」の説明がなされておらず、そこでうっかりお急ぎ便を選択してしまったらその後金額が発生してしまうなんて、甚だおかしな話ですよね。

カスタマーセンターに電話

私がAmazonプライムの会員になっていることに気が付いたのはクレジットカードのWEB明細を確認した時でした。4900円の請求が…衝撃でした。

イオンカードWEB明細-Amazonプライム会費の請求が来ていることが分かる画面

すぐにカスタマーセンターに電話すると、カタコトの日本語のオペレーターが対応。(クレーム対応が多いから怒りを飽和させるためにわざとこういう人を雇っているのか…)

オペレーター『○○様はAmazonプライムの会員になってから既に6回Amazonのサービスを利用しているので、返金できる金額は0円です』

こっちはプライム会員になる意思がない状態で会員になってしまっているのにいくらも返ってこないのかと少し怒り気味に追及すると、少し慌てた様子で『少々お待ちください』と言ってしばらく保留音。

オペレーター『上の者に聞いたところ…プライム会員になる意思がない状態で…たった6回の利用で全額請求してしまうのはあんまりということで…今回は特別に半額の2450円を返金致します』

私『とりあえず今回は半額返金でいいけど、もう請求が確定している状態だから早めに返金して欲しい』

オペレーター『かしこまりました…返金の詳細はメールでお伝えします』

当初私はお急ぎ便を6回使ってしまったし半額払うことは仕方ないのかなと半ば諦めておりましたが、その後のAmazon側の対応で怒りが爆発し最終的には全額返済してもらうこととなります。

カスタマーセンターへの電話終了後すぐにAmazonからは以下のようなメールが届きました。

Amazonから8月26日に届いたメール

返金処理には1~3日かかるとのこと。返金処理が完了したら再度メールでお知らせがあるとのことで、待つことにしました。そして、6日が経過します。

私はAmazonに返信メールを送ります。『6日経ったけど返金もされていないし、報告もない。一体どうなっているんだ。他のお客さんは騙せると思っても、私を騙さると思うなよ。このまま払う必要のない利子まで払わせるつもりか?誠意ある対応がなければ許さない。』とかなりの怒り文面です。実際にAmazonへの不満は最高潮で、怒っていましたから。

すると、なんと8分で返信が来ました。

4900円の全額返金と、お詫びとしてアカウントにAmazonクーポン300円の登録しますといった内容。これはゴネ得ならぬ、「怒り損しない」、または「怒らなければ損しかしない」ですね。いかにAmazonが消費者を舐めているかが分かりました。

そこから1日後、ようやく最近のご利用明細(8月分利用明細)の項目にAmazonからの2450円の返金の反映がなされていました。最初のメールが来てから実に8日後のことです。返金日の日付はカスタマーセンターに電話をしてメールを受け取った日のものでした。

そのから2日後に残りの2450円の返金も反映がされていました。怒りメールを送ってから3日後のことでした。

イオンカードWEB明細-最近のご利用明細にAmazonプライムからの返金

私の場合リボ払いを使用しているので、場合によって(他の買い物との合算で月々の支払額を上回っていた場合)は4900円分の利子を払わなければいけない状況なったかもしれません。

ちなみに冒頭で書いた仕事関係の知り合いの6人はいずれも月額分の請求が来ていました。私だけ1年分の請求が来たのは何故だろう…クレジットカード支払いにしているか否かは関係ないようです。皆様からの情報をお待ちしております。



今回の学びと対処法について

  • 電話でカスタマーセンターに問い合わせをする
  • 意図せずプライン会員になってしまったことを明確に伝える
  • 全額返金を強く求める(怒りを表現すると効果的)
  • 利子はどうするのか追求するとAmazonクーポンが貰えるかも

今回の学びですが、何もアクションを起こさなければ危うく4900円払わされるとこになっていました。もし意図せずAmazonのプライム会員になってしまっている方が居たら、是非とも強気な態度で抗議をすることをお勧めします。この記事がお困りの方のお役に立てれば幸いです♪

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP