怪我した後が黒くなって消えない…大丈夫!形成外科で治せるよ!

レーザー施術前の肘の様子

怪我をした後にかさぶたが出来て治ったはいいものの、膨らみが残ったり黒ずみが残ったりしたという経験はありませんか?

私は数年前に原付バイクで転倒した際に肘を負傷してしまいました。コンクリートが入り込むくらい深めの傷でした。膨らみは年々目立たなくなってしまったのですが、黒くなった部分だけは治りませんでした。

「外傷性入れ墨」は保険が適用される

どうしても気になるので、先月名古屋市内にある形成外科で見てもらいました。先生に肘を見てもらうと、「外傷性入れ墨ですね、レーザーを2~3回打てば治せますよ」と明快な答えが!入れ墨?となったんですが、コンクリートや血の塊によって、入れ墨と同じ原理で色素沈着を起こしてしまったようです。

ありがたいのは外傷性(怪我)なので、保険が利くということです。ちなみに、ファッション感覚で入れ墨やタトゥーをした方は保険が効きません(笑)先生に「今日レーザー打ってく?」と言われ、私は早く治したかったのでその日に打ってもらうことにしました。

レーザー施術ってどうなのよ

レーザー施術と聞いて不安に思う方もいるでしょう。施術はまずベッドに横になり、肘に局所麻酔を打ってからゴーグルをかけて始めます。施術中の痛みはほとんどなかったです。多少ピリッとはきますけど。時間は15分もかからなかったと思います。

注意点としてはレーザーを打った部分は血が出て一度かさぶたになります。ですので、肌の露出の多い夏場は控えた方がいいかもしれません。という私は7月にレーザーを打って傷跡保護のために包帯して職場に行ったら、みんなにどうしたの大丈夫?めっちゃ心配されましたけどね(笑)

1週間程度でかさぶたも完成。包帯も外して、2週間ぐらいするとかさぶたもなくなって黒い部分が薄くなってるのを感じました♪

お値段

  • 診察料
  • レーザー施術代金
  • 薬代金(患部に塗る薬:イサロパン外用散6%)

8,850円でした。

施術前と施術1ヵ月後の様子

百聞は一見に如かずということで、ビフォーアフターをご覧ください。

レーザー施術前の肘の様子

レーザー1ヶ月後の肘の様子

先生によると、もう少し時間が経つと黒い部分はもっと薄くなるそうです。でも、もうこの感じだとやはりもう1回はレーザーを打つことになりそうですね。また経過をご報告します!

私が実際にレーザーを打った外科:名古屋近郊の方必見

私がお世話になっている形成外科をご紹介しておきます。アクセスですが、名鉄で名古屋駅の次の駅の栄生駅が最寄りです。特急以外の電車はたいてい停まります。

栄生駅:南改札口方面

駅に着いたら、必ず南改札口の方の階段を下りてください。

栄生駅の改札を出たところ

改札を出ると信号があるので向かいの茶色い建物のところまで渡ります。この写真でいう右方向へ道なりにまっすぐ行きます。左手にトヨタ産業会館の建物が見えてきたら、1つ目の信号の角を左に曲がりましょう。

名古屋形成クリニックの外観

右手にノリタケの森の広い土地が見える道をしばらく歩くと、形成外科の電光掲示板が見えてきます。到着!

名称 名古屋形成クリニック
住所 〒451-0051 愛知県名古屋市西区則武新町2-25-6
電話番号 052-242-2355
診療時間 AM10:00~12:00(毎週木曜日 第1、3、5水曜日)
PM2:00~6:30
休診日 日・祝日
公式サイト 名古屋市西区の美容外科 美容形成なら名古屋形成クリニック 名古屋駅からすぐの美容外科

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。