仮想通貨市場に影響を与える人物・組織のTwitterアカウントをまとめてみた

仮想通貨・暗号通貨の投資の世界はまさに情報戦です。長期的に保有したい値上がり有望なコインの好材料(実用化、性能、アップデート、リブランディング等の話題)を探したり、上場のニュースなどで急騰するマイナーコイン(通称:草コイン)の情報をいち早くキャッチ出来るかどうかも利益を上げる上では鍵になります。

投資の世界の格言に「噂で買って事実で売る」「悲観で買って歓喜で売る」という言葉があります。仮想通貨・暗号通貨の相場にもまさにその言葉がぴったり当てはまります。上場される前よりも、上場する噂が出始めたときの方が価格が急騰することもあります。噂で買いです。



実際に上場すれば流動性も高まり、価格も上がってくいく傾向にありますが、上場のニュース等で突き抜けた高値はいったん落ち着いて(下落して)しばらくは戻ってこないことも多々あります。そういう意味でも、事実で売りは正解なのです。

今回噂の発端となる「情報」に与える影響力を持った、創業者や開発者、大手マイナーといった人達や組織のTwitterアカウントご紹介したいと思います。

Roger Ver(ロジャー・バー)氏

  • 「Bitcoin Jesus(ビットコインの神)」と称される人
  • ビットコインキャッシュのウォレットを運営する「Bitcoin.com」のCEO
  • 2017年10月に『ビットコインキャッシュを正式なビットコインとして再構築する計画がある』と発言⇒ソース

Jihan Wu(ジハン・ウー)氏

  • 中国・北京に本社を構える大手マイニング「Bitmain」の創業者
  • ビットコインキャッシュ(BCH)の煽りツイートをオブラートに包みつつも投稿
  • TRONを支持している

Justin Sun(ジャスティン・サン)氏

  • TRON(トロン・TRX) の創業者
  • 自社のコインについて前のめりな発言が多い

朝山貴生氏

  • 日本の仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューロ社の代表取締役
  • NEM財団(ブロックチェーンプロジェクトNEMを推進する団体)の理事も務める

加納裕三氏

  • 日本の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」の代表取締役
  • 上場関連の気になるツイートに注目したい

Binance(バイナンス)

  • 香港の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の公式アカウント
  • 上場が「正式発表」されるので注目

バイナンスについては以下の記事でも取り上げています♪

仮想通貨の取引所・販売所比較&おすすめ取引所!

【最新】Binance(バイナンス)の取り扱い硬貨一覧【※2018/01/01】

※このページは随時更新していく予定です。(最終更新日:2018年1月8日)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。